【モデルプレス=2020/06/27】北川景子、新木優子、小松菜奈、窪田正孝、北村匠海(DISH//)、中川大志らが所属するスターダストプロモーションの制作3部が、若手俳優陣を中心に、新鋭監督とともに贈るドラマプロジェクト『SSS〜Special Short Story〜』を発足。第1〜第4弾までの配信が決定しており、ショートストーリー仕立てのドラマをYouTubeで公開していく。

◆自粛期間中ならではの恋愛模様

27日正午より配信された第1弾「フィフティー・フィフティー」には、小泉光咲(原因は自分にある。)、松村和哉(SUPER★DRAGON)、「週刊ヤングジャンプ」主催『制コレ18』に選ばれた高岡凜花が出演。監督・脚本は、八重樫風雅。

高校生のシンゴ(小泉)は、親友のレイジ(松村)に相談を持ちかける。その相談とは、高岡演じる同じクラスの朝比奈へのリモート告白。それぞれの想いが交錯し、思いも寄らぬ事実も発覚していく。

◆第4弾まで若手実力派がずらり

第2弾『男子を飼う』には、田辺桃子、柴田杏花、『映画 賭けグルイ』(2019)や2020年9月に公開を控えている『妖怪人間ベラ』に出演の小野寺晃良、平松剛法律事務所のCMで歌声が注目されている永井彩加、『mina』のレギュラーモデルを務め、最近はヤユヨMV『いい日になりそう』に出演の吉倉あおい、近年では『トレース〜科捜研の男〜』(CX)『宇宙を駆けるよだか』(Netflix配信中)など、デビュー以来数々のドラマ・映画に出演してきた関めぐみが集結。監督・脚本は、東かほり。

小野寺演じる山下拓真が、田辺演じる江藤リカの呼び出しのもと、柴田、永井、吉倉、関演じる女性5人に監視される。なぜ監視されているのか。5人に隠された共通点とは何か。女性同士が様々な議論を展開し、真相に迫っていく。6月下旬より全3話を配信予定。

第3弾『駆ける帰宅部に明日はあるのか』には、松村、松本大輝、高橋春織、吉田仁人(M!LK)、山口県出身で今作がデビュー作となる冬野心央、2019年公開の映画『歩けない僕らは』で主演を務めた宇野愛海、永井、吉澤要人(原因は自分にある。)ら若手俳優が総出演。監督・脚本は、渡邉安悟。

松村演じる野田ケイジ、松本演じる吉村コウタ、高橋演じる川崎スズカ、冬野演じる畑中トオルの帰宅部4人が部員募集に奔走するコミカルな物語。個性豊かな帰宅部候補生の入部オーディション、伝説の帰宅部OBのアドバイス、部活クラッシャーとの最終決着…果たして、帰宅部は存続できるのか。7月上旬より全6話を配信予定。

第4弾の監督・脚本には吉野主を迎え現在制作中。休校期間が間も無く終わろうとしている中、手探りのまま始まる学校生活に疑問を感じる高校生たち。Twitterのタイムラインに流れてきたあるハッシュタグから、男女6人の青春群像劇が始まる。7月中旬配信予定。

◆原因は自分にある。「嘘から始まる自称系」がテーマソング

今回の『SSS〜Special Short Story〜』は、タレント自ら撮影。新しいドラマの形式でありながら、今の20代30代に刺さるようなショートストーリーを配信していきます。若手のクリエイターを募集し、今後も制作予定。テーマソングには、原因は自分にある。の「嘘から始まる自称系」を起用された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】