【モデルプレス=2020/06/29】乃木坂46の生田絵梨花が、28日放送の日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時〜)に出演。元乃木坂46の同期で現在同局アナウンサーである市來玲奈の印象を語った。

◆生田絵梨花&市來玲奈アナ、互いの印象は?

乃木坂46の1期生である生田と市來アナ。当時の互いの印象について生田は「メンバーでいた時もすごい抜けてる感じのイメージだった」と市來について振り返った。

一方の市來も生田に関して「抜けてる子」と話し、「昔からこういうところがあるんですか?」と問われると、「悪気は本当にないと思うんですよ。かわいいんですけど、それが本当に」と笑った。

◆生田絵梨花、三谷幸喜氏との対面「なぜか記憶から抜け落ちて…」

また、生田は1年半前に同番組に出演した際、三谷幸喜氏のそっくり芸人であるユリオカ超特Qと三谷氏本人に対面。生田はその時が三谷氏との初対面だったそう。

その半年後、仲の良い役者が出演していた三谷氏演出の舞台を観に行き、楽屋裏にあいさつに行ったという生田。「この(同番組の)スタジオでユリオカ超特Qさんが出ていらっしゃったのは覚えてたんですけど、三谷さんが登場されたのはなぜか記憶から抜け落ちてまして…」と三谷と会ったことを忘れていたそうで、三谷に「はじめまして」と言ってしまったことを回顧。

さらに、「以前行列でそっくりさんにお会いしたんですけど、ご本人意外と背がお高いんですね」と続けると、三谷氏に「僕いましたけど」と返されてしまったことを告白。焦った生田は「確かスタジオの遠くの方にいらっしゃいましたよね」と覚えていないことを裏付ける発言をし、「真横にいました」と三谷から重ねて告げられてしまったそうで、その時のやりとりを苦笑いで明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】