【モデルプレス=2020/07/01】トップYouTuberラファエルが30日、自身のチャンネルで公開した動画内で、自身の半生がマンガ化されることを明かした。『マンガ 無一文からのドリーム』(宝島社)として、7月16日に発売される。

◆ラファエルがマンガ化 『マンガ 無一文からのドリーム』発表

借金、親の離婚、死別、自衛隊入隊、アカウント削除など、時給日本一のYouTuberラファエルが、これまで明かしてこなかった半生を綴り、ベストセラーとなった自伝『無一文からのドリーム』(宝島社)をもとに制作された同マンガ。

幼少期、思春期、青年期、YouTuber期、リアルタイム期に分けて、ラファエルの栄光と挫折、さらには“成り上がるためのたったひとつの方法”が、より分かりやすく描かれている。

◆マネージャー・イーサンのサイドストーリーも収録

さらに、同マンガには、アナザーストーリーとしてラファエルのマネージャー・イーサンのサイドストーリーも収録。ラファエル出会いや、なぜマネージャーになったかなど、イーサン視点でラファエルを語る。

なお、マンガの詳細は今後随時発表。7月15日までラファエルのスペシャルグッズが当たるキャンペーン(https://fashionbox.tkj.jp/archives/1305381)も実施している。

◆「しくじり先生」でも話題のラファエル

チャンネル登録者数168万人超(2020年6月現在)を誇り、白い仮面とグレーのパーカーがトレードマークのラファエル。最近では『しくじり先生俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に2週に渡って出演し、YouTubeのアカウントを停止され、数千万円の損失を出した“しくじり”を反省するなど注目を集めた。

また、同番組でも共演者を驚かせた経営手腕や業界分析、変化に即座に対応する実行能力などをまとめたビジネス書『秒で決めろ!秒で動け! ラファエル式秒速タイムマネージメント』もリリース。新型コロナウイルスの影響受けた個人を救済するプロジェクトも始動するなど、多方面でその才能を発揮している。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】