【モデルプレス=2020/06/30】TWICEのサナが、リアルタイム配信アプリ「V LIVE」でライブ配信を実施。26日に放送されたソニーミュージックと自身が所属するTWICEらを生んだJYPエンターテインメントによるオーディション番組「Nizi Project」(Hulu)のファイナルステージにてMCを務めた心境を明かした。

◆サナ「Nizi Project」ファイナルステージを回顧

同番組のファイナルステージのMCに抜擢され、緊張感高まる空気の中進行を全うしたサナ。そして、デビューメンバー発表後も審査員として参加していたモモとともに練習生たちの元に駆け寄り声をかけたり、激励している姿に称賛の声が寄せられていた。

28日の配信では、「『Nizi Project』は緊張しましたか?」という質問が寄せられると、「そりゃ緊張しましたよ〜!」と回答。

そして、「自分も『SIXTEEN』(TWICEのメンバーを決めるサバイバルオーディション番組)出身やから、そのステージがみんなにとってどれだけ重要か誰よりもわかってるから」と話し、MCのオファーをもらった際に最初は戸惑ったそうだが「任されたからには自分ができるだけのことを全部尽くしてやってみようと思った」と気合いを入れて臨んだことを明かしていた。

◆「Nizi Project」とは?

「Nizi Project」は“虹” のようにメンバーそれぞれの個性が、様々な色を放つようなガールズグループを発掘・育成し、世に輩出することを目的としたオーディション・プロジェクト。応募条件の1つは日本語での意思疎通ができることで、“日本発”という点も注目を集めている。

各地でのオーディションを勝ち抜いた26人の練習生による東京合宿に密着した「Nizi Project Part 1」を終え、4月24日からは13人の精鋭練習生による韓国合宿の様子を「Nizi Project Part 2」として配信。熾烈な競争を勝ち抜いたマコ、リク、リマ、リオ、ニナ、アヤカ、マユカ、ミイヒ、マヤの9名が最後にデビューメンバーとして選出された。

なお、デビューグループ名は「NiziU」に決定。30日にプレデビューを果たし、配信限定リリースとなったDigital Mini Album「Make you happy」は、記録的な反響があり、大手音楽配信サイトで軒並み1位を獲得するなど早くも話題を呼んでいる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】