「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

今日もカレーにDELIGHTSを!

よろこびこそがサイキョー、サイコーの隠し味!?

確かな技術と経験に裏付けされた、新オトコのカレー道。

でらいつカレーvol.6 「お手軽自家製マッサマンカレー」のつくりかた

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

「マッサマンカレー」って知ってますか?

タイ料理好きの方ならもちろんご存知でしょうし、数年前からレトルトカレーや、なんならカップラーメンとかスナック菓子でも“マッサマンカレー味”なるものがいろいろ出回ったので、名前だけは聞いたことがある、という方も多いかもしれませんね。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

マッサマンなヤツら!

大人の事情でモザイク処理しています(笑)。

「マッサマンカレーなんて聞いたことなーい!」という方のために簡単に説明しますと、タイカレーの一種で、タイ南部のイスラム教徒たちが食べている料理です。(「マッサマン」が「イスラム教」を意味していています)。

そのため、タイ国内(とくに北部)においては知名度が低かった料理のようですよ。でも、なんでそんなタイでも知名度の低い料理が、日本でレトルトカレーやカップラーメン、たはまたスナック菓子にまでなったのか、不思議じゃないですか?

それは今をさかのぼること6年前。

2011年7月にアメリカCNNのサイト「CNNGO」で発表された「World's 50 most delicious foods(「世界で最も美味しい食べ物50)」の1位に選ばれたからなんです!

世界中のいろーんな食べ物の中で1位ですよ、1位!

それもカレー限定じゃなく、「food=食べ物」ですからね。「dish=料理」でもない。

ちなみに、32位は日本の「あん肝」(チョイス渋っ!)、29位が「近江牛ステーキ」(ブランド牛ピンポイント! 松坂牛でも神戸牛でもない……)、4位が「寿司」でした。ボク的には断然、寿司が1位ですけどね。

で、そんな、世界で一番おいしい食べ物(2011年ですけど……)に選ばれたのがマッサマンカレ―。

食べたことはあっても、作ったことはほぼないんじゃなんですか?

「作ったことある!」と自慢げに言った方でも、大体はこーゆーの、使ったでしょ?

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

マッサマンカレーペースト!

これ使えば、超〜簡単に作れます。

ネットにあふれているマッサマンカレーのレシピも大概が市販のペーストを使ってますし、本場のタイ料理店でもフツーに使ってますからね。

でも、これって、ちょっとズルくないっすか? もう、8割がた、いや9割がた出来てるんですもん。

ざっくり言っちゃえば、このペーストをココナッツミルクで溶いて、具材入れて、ちょこちょこっと調味料入れて、煮込めば完成ですから。

あ、これ、ディスってるわけじゃないですからね(笑)。

全然市販のペーストでイイんです。マチガイナクおいしいですから。

でも、東京カリ〜番長リーダーのわたくしが、せっかくマッサマンカレーの作り方を載せるんですよ。

ここは市販のペーストは使わずに行きたいですよね。

とは言っても、本場の本格的なレシピは、食材的にかなりハードルが高いので(だって、カピとか、レモングラスとか、ガランガルとか、エシャロットとか、バイマックルーとか……無理でしょ?)、今回も、スーパーで比較的手に入れやすいものだけで作れる、お手軽マッサマンカレーです。

お手軽でも、本格的な味! これが作れれば、「マッサマンカレーが作れる!」と胸を張ってOKです!

ということで、今回もいってみましょう!

でらいつカレー! お手軽自家製マッサマンカレーの巻!

「マッサマンカレー」の材料

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

今回使う食材はコレ!(詳細レシピは最後に掲載します。)

材料(2人分)

鶏もも肉:250g ピーナッツ:15g(16〜18粒) 玉ねぎ:小1個 ココナッツミルク:250ml ジャガイモ(メークイーン):小2個 ライム:1/2個 カレーパウダー:大さじ1 赤唐辛子(鷹の爪):2本 にんにく:2片 しょうが:1片 砂糖:大さじ1 干し海老:小さじ2 イカの塩辛:小さじ2 ナンプラー:小さじ2〜(適量)

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

何と言ってもこれですね。

この三点セット「イカの塩辛」「干し海老」「ナンプラー」は欠かせません。

あとは、ピーナッツとジャガイモ、ライム(レモンでもOK)、そして砂糖です。

これらが揃えば、ほぼマッサマンカレーになりますよ。

ナンプラーが無いな〜という方は、「しょっつる」とか「いしる」とかなら、まーなんとか代用になるかな……って、そっちの方が持ってないか?

ん〜、ナンプラーはかなり大事な要素なので、代用とか考えず、是非とも入手してください!

「マッサマンカレー」の下準備

いつもの通り、スムーズな調理のため、下ごしらえをしましょう。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

にんにく、しょうがを潰して粗みじんぎりにする。

【1】 包丁の腹で潰す。

【2】 にんにくは比較的簡単につぶれるが、しょうがは1片を半分に切ってからの方が潰しやすい。

【3】 ザクザクと粗く切る。

【4】この程度でOK。

※ 包丁の腹で潰すときは真上から体重をかけましょう。中途半端に手の力だけで潰そうとすると包丁がずれて危険です。あと、包丁とまな板と手は濡れていると危険です。水気はきっちり拭いておきましょう。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

玉ねぎは1/4個を粗みじん切り。3/4個をざく切りにする。

【1】 繊維方向に3〜4本切り目を入れる。

【2】繊維と垂直方向に切る。

【3】 根の芯部分を切り落とし、繊維と垂直方向に半分に切る。

【4】ざく切りする。(4〜5等分)

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

じゃがいもを一口大にきる。(【1】【2】)

ライムの皮をみじん切りにする。(【3】【4】)

【1】じゃがいもの皮をむき、縦に半分に切る。

【2】横にして3等分に切る(=1個で6等分)。

【3】ライムの表面をしっかり洗ってから、皮を削ぎ切る。

【4】みじん切りにする。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

カレーペーストを作る。(【1】〜【6】)

ピーナッツを乾煎りする。(【7】【8】)

【1】にんにく、しょうが、玉ねぎ、ライムの皮、干し海老、イカの塩辛をミキサーに入れる。

【2】ミキサーをかける。

【3】割った赤唐辛子(種ごと)を用意。

【4】そこにカレーパウダーと塩(小さじ1/3)を加える。

【5】しっかりミキサーにかけて……

【6】滑らかなペースト状にする。

【7】 ピーナッツを表面にほんのり焼き色がつくまで乾煎りする。(※乾煎りの時の火加減は弱火)

【8】 黒焦げにするのはNG。

※ ミキサーにかけるときは、少量の水(30cc程度)を加えると回しやすいです。もちろん、ミキサーではなく、フードプロッセサーを持ってる方はそちらの方がベターです。

【1】〜【6】の行程は、一度にすべての食材(にんにく、しょうが、玉ねぎ、ライム、干し海老、イカの塩辛、赤唐辛子、カレーパウダー)をミキサー(フードプロセッサー)にかけてもOKです。

準備ができたら、調理の開始です!

いつものように、ちょっと深めのフライパンで、できるだけノンスティック加工(くっつかないヤツ)のものを用意してください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

フライパンに調理油(大さじ1.5)を弱めの中火で熱する。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

カレーペーストを加える。

油を熱したところに加えるので、入れた瞬間ジュワッとします。油の飛びはねに注意してください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

カレーペーストを炒める。

この時の火加減は弱中火〜中火くらいです。

最初は油の中で動かさず、30秒ほど放置してください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

30秒ほど放置したら、油としっかりなじませて炒めていきます。

ペーストの水分が多いうちは、あまり動かさずに10秒に1回全体をかき混ぜるような感じで炒めていきます。

「でらいつカレー」の連載を読んでいただいている方ならもう覚えたと思いますが、玉ねぎ炒めの基本テクニック、「放置して、動かす」 これをペーストづくりのときにも応用します。

※ ポイント:にんにく、玉ねぎの青臭さがなくなるまできっちり炒めましょう!

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ペーストの水分が少なくなってくると焦げ付きやすくなります。

このくらいになってきたら、常に動かしながら焦げ付かないように炒めていきましょう。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

フライパンを傾けたときに油だけがタラーっと流れ落ちて、ペーストはその場にとどまるくらいまでキッチリ水分を飛ばします。

この写真のペースト、赤唐辛子の破片が見えますね。これ、ミキサーのかけ方が甘かった証拠です(笑)。

あまりよくない例ですね。みなさんはこうならないよう、ミキサーは十分にかけてください。失礼しました〜。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

鶏もも肉を加える。

皮はついたままでもOKですが、皮のクニュクニュが苦手、とか、カロリーを低く抑えたい、という方は取り除いてください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

肉の表面が白くなるまで炒める。

この時の火加減は弱めの中火くらいです。

ペーストが焦げ付かないよう、こまめに肉を動かしながら炒めていきましょう。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ココナッツミルクを加える。

ココナッツミルクを加えたら、若干火加減を強めます。強めの中火くらいにしてください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ココナッツミルクを加えたら、沸騰するまで火にかけてください。

この時の火加減は強めの中火です。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

水(100ml)を加える。

カップの水、ココナッツミルクを計量していたカップにそのまま入れたので、若干白く濁ってますね(笑)。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ジャガイモを加える。

水を加えたらすぐに入れてください。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

玉ねぎを加える。

ジャガイモに続けてすぐに加えます!

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ピーナッツを加える。

玉ねぎの後、間髪入れずにすぐ加えます! すぐにっ!!

ま〜、結局のところ、1種類づつじゃなく、「じゃがいも」「玉ねぎ」「ピーナッツ」をいっぺんに入れろってコトですね。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

全ての食材を加えたら、一度しっかり沸騰させる。

この時の火加減は強めの中火のままです。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ナンプラーを加える。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

砂糖を加える。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

ライム果汁を加える。

ライムの代わりにレモンでもOKです。

酸味の強いほうが好みであればレモンの方がよいかも知れません。

その時は、下ごしらえの時のライムの皮もレモンの皮でOKです。

マッサマンカレーにおいて酸味は重要な要素です!

必ず入れましょう!

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

弱火で15分ほど煮込む(フタはしない)。

これももう覚えていただいたと思いますが、煮込むときの火加減は「弱火」が鉄則です。

「強気で炒めて、弱気で煮込む」(強気=中〜強火/弱気=弱〜ごく弱火)

これ、カレーを作るときの基本です。覚えてくださいね。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

最後に塩加減を調整して完成です!

塩ではなくナンプラーで調整するのがオススメです!

さー、温かいご飯にドバっと盛り付けましょう!

彩りにミントの葉とか、置いちゃいましょうか。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

簡単自家製マッサマンカレーの完成で〜す!!

赤唐辛子のキリッとした辛さとココナッツミルクの風味、その奥に隠れているイカの塩辛と干し海老、そしてナンプラーのうま味。そこに、ピーナッツのコクが加わり、それをライムの酸味がまとめる。

辛味・うま味・コク・酸味が絶妙なバランスで、市販のカレーペーストを使って作るマッサマンカレーに勝るとも劣らない、美味!

あ〜、これなら「世界一おいしい食べ物」って言われても……いっかなぁ(笑)。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

いざ、実食!

煎ったピーナッツがいいアクセントになっています。

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

気が付けば、もう最後のひと口。

2人前作ったけど、ひとりで全部食べちゃいた〜い!

おさらい

簡単自家製マッサマンカレー材料(2人分)

鶏もも肉:250g ピーナッツ:15g 玉ねぎ:小1個 ココナッツミルク:250ml 水:100ml ジャガイモ:小2個 ライム:1/2個 カレーパウダー:大さじ1 赤唐辛子(鷹の爪):2本 にんにく:2片 しょうが:1片 砂糖:大さじ1 干し海老:小さじ2 イカの塩辛:小さじ2 ナンプラー:小さじ2〜(適量) 塩:小さじ1/3 調理油:大さじ1.5

----------------------------------------------

①フライパンに調理油を弱中火で熱する。

②カレーペーストを加え水分がなくなるまで炒める。

③鶏もも肉を加え、表面が白くなるまで炒める。

④ココナッツミルクを加え一度沸騰させる。

⑤水を加え、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーナッツを加える。

⑥ナンプラー、砂糖、ライム果汁を加え沸騰させる。

⑦弱火で15分ほど煮込む。

⑧ナンプラーで塩味を調え完成。

----------------------------------------------

最後にワンポイント!

味の塩加減は、ナンプラーが決め手!

分量を調整して、自分好みの味に仕上げましょう!

----------------------------------------------

どうです? マッサマンカレー、ホント簡単でしょ?

全く作ったことがない人も、市販のペーストでしか作ったことがない人も、

ぜひ試してみてくださいね!

※この記事は2017年1月の情報です。

書いた人:伊東盛

「世界一おいしい食べもの」マッサマンカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

料理ユニット「東京カリ〜番長」のリーダー。得意技は全国各地へカレーを作りに行く「出張カリ〜」。雑誌・書籍・WEB等でのレシピ紹介やカレー関連商品の監修、飲食店のメニュー開発などを手掛ける。週に一度“間借り”でカレー屋を営業中。

「東京カリ〜番長」オフィシャルFB 間借りカレー「TOKYO SPICE CURRY」

過去記事も読む



関連記事

メシ通の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索