いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

こんにちは〜筋肉料理人です!

マカロニサラダやポテトサラダは総菜の定番なんですが、不思議にお酒のおつまみにも最高。居酒屋さんに行っても「とりあえず頼んでしまうメニュー」ですよね。

今日は、そんなマカロニサラダをお総菜屋さん風に、そして鶏むね肉を使ってヘルシーにボリュームアップして作ります。鶏むね肉はヘルシーなお肉なんですが、普通に加熱するとパサパサ、うま味がないなど人気がありません。ですが、今日は「ある下処理」をすることで、柔らかジューシーな蒸鶏にしてマカロニサラダに加えます。自分で作るマカサラはひと味違いますよ! まずは蒸鶏作りから始めます。

筋肉料理人の「電子レンジで作るジューシー蒸鶏」
【材料】鶏むね肉1枚分
鶏むね肉 1枚(300g)

(A)

日本酒 大さじ2 塩 小さじ1/4 鶏ガラスープの素 小さじ1/2 砂糖 小さじ1/2 おろしにんにく 小さじ1/5
作り方

1. 鶏むね肉は皮と余分な脂肪を切り取ります。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

2. 皮を外したら、皮がついていた方を下にしてまな板に置きます。肉の中央に線が入っているので、線の部分から包丁で切り込んで観音開きにしましょう。こうすることで全体的に同じような肉の厚みにします。開いたら、全体を包丁の先で刺して筋切りします。

※筋切りすることで肉の縮みを防ぎ、下味が入りやすくなるようにします。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

3. 耐熱皿に鶏むね肉をのせ、混ぜ合わせた(A)をかけます。何度か返すと肉が下味調味料を吸います。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

4. ラップを被せて電子レンジ500wで5〜6分加熱します。途中、一旦取り出し、肉を返して加熱むらを防ぎます。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

5. 加熱が終わったら、ラップを被せたまま冷まし、粗熱が取れたら手で小さく裂きましょう。これでジューシー蒸鶏のできあがり。次はこの蒸鶏を使ってマカロニサラダを作ります。

※加熱後、鶏むね肉からは肉汁が出ています。肉汁に漬けたまま冷ますことで肉汁が鶏むね肉に戻り、ジューシーになります。手で裂く時は肉の繊維にそって裂き、裂いたら肉汁につけて肉汁を吸わせましょう。ちょっと驚きの柔らかさ、ジューシーな仕上がりになります。

筋肉料理人の「ジューシー蒸鶏のマカロニサラダ」
【材料】4人分
電子レンジで作るジューシー蒸鶏 2/3枚分 サラダ用マカロニ 100g きゅうり 1本 にんじん 1/4本 玉ねぎ 1/3 マヨネーズ 大さじ4 塩、こしょう 適宜 昆布出汁の素 小さじ1/2 電子レンジで作るジューシー蒸鶏の肉汁 大さじ1 付け合せのベビーリーフ、ミニトマト 適宜
作り方

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

1. きゅうりは薄い輪切り、にんじんは細い千切り、玉ねぎは薄切りにします。これらをボウルに入れ、塩をふって混ぜてしばらく置き、水出しします。水が出たらザルにあげ、流水ですすいで塩と玉ねぎの辛味を流します。手で水気を絞っておきます。

※塩の量は野菜の重量の1%、野菜が200gなら小さじ1/2弱の塩で大丈夫です。マカロニサラダを作ると塩辛くなってしまうという話をよく聞きますが、多くの原因が塩の使いすぎです。1%の塩なら水で流さなくても辛くなりません。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

2. 鍋に1リットルの水と塩小さじ2、昆布出汁の素を入れて湯を沸かします。サラダ用マカロニを説明書の時間ゆでたら、

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

ザルにあげ、冷水につけて冷ましましょう。完全に冷ましてから水気をしっかり切ります。

※マカロニはゆでて冷水で冷ますことでぷりぷり感が保たれ、味付け後も水分を吸わず、サラダ全体がパサパサになるのを防ぎます。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

3. 大きめのボウルに水気を絞った野菜、水気をしっかり切ったマカロニ、小さく裂いた蒸鶏を入れ、マヨネーズ、蒸鶏の肉汁を加えたらこしょうをふります。混ぜ合わせて味見をし、塩気が足りなければ塩をふってととのえます。混ぜたらラップを被せ、冷蔵庫で30分ほどなじませます。

※味は少し薄めにつけましょう。鶏のうま味が入っているので、薄めの味でもおいしく食べられます。

4. 皿にベビーリーフを敷き、上にマカロニサラダを小高く盛ったらできあがりです。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

「ジューシー蒸鶏のマカロニサラダ」の完成です! 蒸鶏、マカロニ、野菜を一緒にいただきます。柔らかなマヨネーズ味が口の中に広がり、ぷりっとしたマカロニの食感に野菜のシャキシャキがアクセントになっていい感じ。そしてジューシーな蒸鶏は柔らかく、かむほどにじわっとうま味が広がります。お酒のつまみメインならこしょうを強めに効かせるといいでしょう。4人分はたっぷりした量ですが、作り置き総菜として冷蔵しておくといいです。生野菜を使っているので、2〜3日くらいが保存の目安です。

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

余った蒸鶏はバンバンジーに使ってもいいし、冷奴のトッピングに使うと良いつまみになります。それ以外にはラーメンのトッピングもおすすめです。すぐに使わない時はラップして冷凍保存も可能です。

それから、蒸鶏を作るときに余った皮はラップして冷凍しておき、ある程度たまった所でこんなおつまみに!

www.hotpepper.jp

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。

ブログ:魚料理と簡単レシピ YouTubeチャンネル:筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理 レシピブログ:筋肉料理人さんのmyレシピブック

過去記事も読む


企画協力:レシピブログ

いつものマカサラの上位互換!筋肉料理人の「鶏むね肉でジューシーマカサラ」【男の常備菜】

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog


※この記事は2017年11月の情報です。


関連記事

メシ通の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索