空き家再生、交流拠点へ 阿久根市大川

空き家再生、交流拠点へ 阿久根市大川

 阿久根市大川に古民家をリノベーション(大規模改修)した民間交流施設が誕生した。大川小、中学校に近い地区中心部だが、過疎高齢化などで空き家の目立つ一角に、築80年の元商店兼民家が生まれ変わり、地域の交流の場として期待されている。 「みんなここに来てごらん」との思いを込めて施設名は「より処(どころ) きてん」。地域のお年寄りが気軽に雑談をしたり、通りがかりの旅行者らが休憩したりできる交流の場が目的。「寂しくなった地域を盛り上げたい」と川畑行雄さん(51)、ゆかりさん(51)夫妻が運営に当たる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

南日本新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索