台風18号 16、17日鹿児島県横断か

 非常に強い台風18号は13日、奄美地方南部の与論島と沖永良部島を、風速15メートル以上の強風域に巻き込みながら、沖縄県の宮古島付近を北北西に進んだ。鹿児島地方気象台によると、今後は進路を東寄りに変え、16〜17日にかけて鹿児島県内を横断する恐れがある。 奄美南部は13日午前6時ごろ強風域に入り、与論島で最大瞬間風速20.1メートルの強い風を観測した。風速25メートル以上の暴風域に入った沖縄県宮古島市では、最大瞬間風速50メートル以上の猛烈な風を記録した。 台風18号は強い勢力を維持したまま、県本土や種子・屋久地方に接近し、県内各地は16〜17日、大荒れの天気になる恐れがある。 台風18号は13日午後9時現在、宮古島の北約80キロの海上を時速10キロで北北西に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル。中心から半径390キロ以内が強風域、同150キロ以内が暴風域となっている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

南日本新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索