シンリンオオカミ四つ子公開 鹿児島市平川動物公園

シンリンオオカミ四つ子公開 鹿児島市平川動物公園

 鹿児島市の平川動物公園で11日、5月に生まれたシンリンオオカミの子ども4匹の一般公開が始まった。両親に寄り添ったり、必死に追いかけたりする姿を、来園者は優しいまなざしで見守った。
 シンリンオオカミは北半球に分布するタイリクオオカミの亜種で、北米大陸に生息する。同園では初めての繁殖。明治維新150周年の年を記念し、西郷隆盛の言葉「敬天愛人」からケイ(雄)、テン(雌)、アイ(雌)、ジン(雄)と名付けられた。
 “四つ子”を抱える一家の暮らしぶりは午前9時〜午後4時、屋外展示場で見られる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

南日本新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索