小正月の伝統行事「かせだうち」が11日夜、霧島市福山であった。ユニークに仮装した七福神が新築の住宅などを訪問。家内安全や繁栄を祈願し、住民を喜ばせた。
 新築など“稼いだうち”を訪ねる「かせだうち」は、福山牧之原かせだうちの会=藤下信弘会長(60)=が30年以上前から続ける。