第67回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会の開会式は14日、鹿児島市の南日本新聞会館みなみホールであった。県内12地区の選手、監督が参加。川薩チームの内翔平選手(さつま町役場)が「新しい令和の時代に参加できるのは誇り。今年の鹿児島国体に向け、鹿児島をさらに盛り上げられるよう最後まで一生懸命走ることを誓う」と選手宣誓した。