大学入試センター試験始まる 鹿児島県内14会場

大学入試センター試験始まる 鹿児島県内14会場

 大学入試センター試験が14日、鹿児島市の鹿児島大学など県内14会場を含む691会場で始まった。初日は地理歴史・公民、国語、外国語(筆記)、英語のリスニングの試験があった。 同センターによると、志願者数は前年度比1万2199人増の57万5967人。例年、受験者数が最も多い外国語(筆記)は志願者の93.9%にあたる54万941人が受験した。 鹿児島市の最低気温は5.1度。冷たい風が吹きつける中、同市の鹿大郡元キャンパスには、マフラーなどで防寒対策をした受験生が続々と集まり、午後6時すぎまで試験に取り組んだ。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

南日本新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

15時31分更新

鹿児島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索