オクラ漬け40年目の挑戦 都市圏狙い新商品 指宿市

オクラ漬け40年目の挑戦 都市圏狙い新商品 指宿市

 指宿市新西方で特産のオクラ漬けを製造する市農産加工組合(27人)が7月、約40年ぶりに新商品を販売する。化学調味料不使用を前面に出し、パッケージもかわいらしくリニューアル。健康志向が高い大都市圏への販路拡大を図る。 組合は1974(昭和49)年、市場が休みで廃棄されていた盆時期のオクラを活用しようと地元農家の女性らが設立。オクラを買い取り、しょうゆ漬けに加工・販売してきた。しゃきしゃきの歯ごたえと濃いめの味付けで、土産物としても親しまれている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

南日本新聞の他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索