大阪夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」、あべのハルカスでも歓声

大阪夏の風物詩「なにわ淀川花火大会」、あべのハルカスでも歓声

 淀川河川敷で8月5日、大阪の夏の風物詩「第29回 なにわ淀川花火大会」が開かれた。日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」ではこの日、特別営業が行われた。(あべの経済新聞)

 なにわ淀川花火大会の盛大なフィナーレ

 今月1日の「PL花火芸術」に続く特別営業。展望台の花火が上がる方向に「花火観覧エリア」を設ける。特別入場券(3,000円)を発売し、旅行会社のツアーも組まれる。

 当日は地上高さ300メートルとなる同ビルの展望台に約1000人が来場し、約8キロ先で打ち上がる花火を鑑賞した。会場では打ち上げ場所近くで集音した音をリアルタイムで流す演出も行われ、盛大なフィナーレの後には拍手が送られた。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索