天王寺公園「てんしば」で盆踊り初開催へ 芝生広場で3日間

天王寺公園「てんしば」で盆踊り初開催へ 芝生広場で3日間

 天王寺公園(大阪市天王寺区)エントランスエリア「てんしば」で8月13日から、「てんしば盆踊り」が開かれる。(あべの経済新聞)

 てんしば盆踊り

 2015年10月に「てんしば」がリニューアルオープンして以来、初の開催となる盆踊り。約7000平方メートルの芝生広場の中に櫓(やぐら)を組む。主催は同エリアを運営・管理する近鉄不動産。

 スケジュールは、地元の子どもたちによる「ちびっこ盆踊り」(17時30分〜)、コスプレーヤーによるパフォーマンス「コスプレドリームinてんしば」(18時〜)、定番の振り付けを指導する「天王寺民謡同好会とみんなで盆踊り」(18時45分〜)、「河内音頭・江州音頭 盆踊り」(19時30分〜)、盆踊りの定番曲から最新のJ-POPまで幅広いミュージックで世代を問わず楽しめる「公園タイム」(20時〜)。

 開催時間は17時30分〜21時。参加・観覧無料。今月15日まで。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索