四天王寺で「万灯供養」 ろうそく1万本、幻想的にともる

四天王寺で「万灯供養」 ろうそく1万本、幻想的にともる

 和宗総本山・四天王寺(大阪市天王寺区)で8月9日、お盆の先祖供養のために行う恒例行事「万灯供養」が始まった。(あべの経済新聞)

 四天王寺で「万灯供養」

 平安時代から続いているといわれ、毎年多くの人が訪れる同行事。五重塔がある中心伽藍(がらん)内にろうそく立てを設営し、参詣者が故人の名前を「万灯ろうそく」に記入して供養。一夜でろうそく約1万本に灯がともり、幻想的な雰囲気となる。併せて1日4回(15日は7回)、僧侶が般若心経を唱えて練り歩く「万灯供養法要」も行われる。

 11日・12日には、亀の池の石舞台で河内家菊水丸さんを迎える「四天王寺盆踊り大会」も開く。開催時間は19時30分〜21時30分。参加無料。

 万灯供養の開催時間は18時15分ごろ〜21時(15日は22時まで)。献灯料(ろうそく)は1本700円。今月16日まで。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索