長居公園で「肉フェス OSAKA」 人気店に行列、初日からにぎわい

長居公園で「肉フェス OSAKA」 人気店に行列、初日からにぎわい

 長居公園(大阪市東住吉区)自由広場で9月14日、グルメイベント「肉フェス OSAKA 2017」が始まった。主催はAATJ(東京都港区)など。(あべの経済新聞)

 肉フェス唯一の殿堂入りメニュー「門崎熟成肉 塊焼」

 今年3周年を迎える全国各地の肉料理店が集結する同イベント。今回の長居公園は関西では初の大規模な野外開催となる。同日から駒沢公園(東京都世田谷区)でも開催。累計来場者数は間もなく500万人を突破するという。

 主なメニュー(出店店舗)は、「門崎熟成肉 塊焼」(門崎熟成肉 格之進)、「希少部位!やわらかミスジのガーリック塩ステーキ」(表参道 Lounge1908)、「厚切り牛タンの鉄板焼き ねぎ塩だれ」(北新地 乾坤一擲)、「京九条ネギ 牛サーロインカツレツ」(京都きむら)など。

 初日は平日にもかかわらず開場前に200人以上の行列ができ、開場後も人気店のブースに行列ができるなどのにぎわいを見せた。

 兵庫県から来たという女性3人組は、「(写真は)インスタに上げる」「肉が柔らかくておいしい」「明日は旦那と来ます」と話していた。

 開催時間は11時〜21時。入場無料。今月18日まで。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関西の主要なニュース

大阪のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索