ザ・キャピトルホテル 東急で4種のかき氷 新作はメロンを器に使う

ザ・キャピトルホテル 東急で4種のかき氷 新作はメロンを器に使う

 夏季限定「かき氷」の提供を7月1日、ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町2)内のオールデイダイニング「ORIGAMI」(TEL 03-3503-0872)が始める。(赤坂経済新聞)

 練乳を添えて提供する「フローズンオレンジwithマンゴー」

 毎夏、思考を凝らしたかき氷を提供する同店。今年は4種類を用意する。新作の「ザ・メロンフラッペ」は、国内で栽培されたアールスメロンを使った商品。半分にカットしたメロンの器には、甘さ控えめの自家製バニラアイスと食感が感じられるように削った氷を盛り、メロンシロップと丸くくり抜いたメロンの果肉とをトッピングして提供する。

 「フローズンオレンジwithマンゴー」(以上2,400円)は、オレンジピューレを凍らせたオレンジ氷を削り出した商品。氷の中にバニラアイスを入れ、フレッシュアップルマンゴー半個分の果肉をトッピングして提供する。味の変化が楽しめるように練乳も添える。氷を敷き詰めた器にかき氷をのせ、器の温度が上がらないような工夫も施す。ほかにも、定番の「宇治金時」や「小倉白玉」(以上1,900円)も用意する。

 同店シェフの中村直人さんは「新作の『ザ・メロンフラッペ』は、どこか懐かしさを感じる上品な大人のスイーツを提供したいと思いを考案した。子どもの頃に味わったメロンのアイスクリームを思い出し、シロップはあえて昔ながらのメロン味を採用した」と話す。

 「最初の一口は清涼感のある味わいを楽しんでもらえる。食べ進めると中からアイスクリームが顔をのぞかせるので最後の一口まで味わいの変化を楽しんでほしい。フルーツが冷たすぎると甘みが感じづらくなるので、隠し味として練乳をかける工夫を施している」とも。

 提供時間は、11時〜21時30分。8月31日まで。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索