赤坂のパブ「マーメイド」(港区赤坂3、TEL 03-3584-2006)が現在、期間限定でカフェ利用もできるよう午前から営業している。(赤坂経済新聞)

 【写真】客前で肉を焼いてから提供する「カルビ弁当」(500円)

 2006(平成18)年12月にオープンした同店。9種類の国内外のビールのほか、カクテル、ワイン、ウイスキーなど各種アルコールメニューをそろえる。海外にあるパブをイメージした店作りをしており、パイント(大きめ)サイズのグラスを片手に交流する場として日本人または外国人ビジネスマンなどに親しまれてきた。

 同店は、今回のコロナ禍により、4月13日からランチタイムの営業を始め、居酒屋店「手羽先番長」や「赤坂寿司」(共に同区)などの弁当(500円〜)を販売していた。同20日からはカフェとして午前から営業し、コーヒーやホットティー、ハーブティー(各100円、店内利用の場合500円)なども提供している。

 広報担当の久保田悠希さんは「新型コロナウイルスによる影響が続く中でも赤坂の街で働き続ける方々に少しでも気が休まる時間を提供したいと考え、出勤前に気軽に持ち帰られるよう、テラスで100円カフェの販売を始めた」と話す。「スタッフはマスク、手袋を常に着用し、店内カウンターには透明フィルムを貼ることで接触機会を減らした。入り口の扉は常に開けており、テーブルなどは1時間に1回は最低でもアルコール除菌を行っているため、安心して利用していただきたい」とも。

 通常の営業時間は15時〜翌4時。現在は9時30分〜20時。