秋葉原で「名前入りカセット展」 名前書かれた中古ゲーム1000本以上一堂に

秋葉原で「名前入りカセット展」 名前書かれた中古ゲーム1000本以上一堂に

 「名前入りカセット展」が11月16日から、フライハイカフェ(千代田区神田和泉町1)で開かれる。(アキバ経済新聞)

 ゲーム開発会社のフライハイワークスが運営する「フライハイカフェ」。同社の発売済みのゲーム作品40タイトル以上が自由に遊べるほか、開発中のソフトも体験できる。

 「名前入りカセット展」では期間中、名前などが書かれた家庭用ゲーム機向けの中古ゲームカセット(ソフト)を持ち主に返すことを目的に収集・管理する非営利団体「名前入りカセット博物館」が所蔵する、名前が書かれた中古ゲームソフトのコレクション1000本以上をカフェ内に展示。自分のソフトが見つかった場合、本人(=持ち主)に返却するという。

 名前入り博物館グッズの販売やギャラリートークショー、会場からの放送などのイベントも予定する。

 開催時間は16時〜21時(土曜・日曜は12時〜)。12月8日まで。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る