グッドスマイル×アニメイトカフェ秋葉原(千代田区外神田1)と同大阪日本橋で1月15日、「スレイヤーズ」コラボレーションカフェが始まる。(アキバ経済新聞)

 富士見ファンタジア文庫から1990(平成2)年1月に刊行が始まったライトノベルシリーズ「スレイヤーズ」。全シリーズ累計2000万部以上を発行し、漫画・アニメ・劇場をはじめとしたメディアミックスを展開。昨年10月、18年ぶりに長編の最新刊が発行。今年1月に刊行30周年を迎える。

 今回のコラボレーションカフェのコンセプトは「主人公のリナたちが旅の途中で出会ったグルメの知識を生かして、アニメイトカフェをプロデュース」。「かふぇ竜越亭(どらまたてい)」として作中に登場する再現メニューやキャラクター、魔法呪文をモチーフにしたコラボメニューを提供するほか、描き下ろしイラストを使ったオリジナルグッズを販売する。

 コラボメニュー注文客には特典として、描き下ろしイラストを使ったオリジナルコースター(全15種)の中からランダムで1枚進呈する。

 著者の神坂一さんは、コラボレーションカフェについて「こちらがテキトーに思いついたまま書いた架空の食材も多い中、それをどう解釈して再現するか、料理を考えてくださった方々はさぞお悩みになったことでしょう。それらがどのような形になったのか楽しみ」(以上、原文ママ)と話している。

 営業時間は12時〜21時(15時30分〜16時は休み)。全日程フリー入場。2月17日まで。