「アドアーズ秋葉原店」と「カラオケアドアーズ秋葉原店」(千代田区外神田1)が閉店する。(アキバ経済新聞)

 首都圏を中心にアミューズメント施設などを展開するアドアーズ(港区)が2012(平成24)年8月、JR秋葉原駅近くの中央通り沿いにビル1棟系列店舗として開業。1階・2階を「アドアーズ秋葉原店」のプライズ専門フロア、3階〜10階を「カラオケアドアーズ秋葉原店」のカラオケフロアとして営業していた。

 赤色が印象的なビルの壁面にはアニメやライトノベルなどの広告を掲載。「カラオケアドアーズ秋葉原店」ではアニメ作品などとのコラボレーション企画も展開してきた。

 10日20日、6階〜10階のひとりカラオケフロアを閉店。10月31日に「カラオケアドアーズ秋葉原店」、11月8日に「アドアーズ秋葉原店」の営業を終える。

 閉店の理由については「諸般の事情」(同社)としている。

 今後、秋葉原の「アドアーズ」は隣接する「アドアーズ秋葉原2号店」のみとなる。