尼崎経済新聞と、武庫地域広報誌「むこたん」によるタイアップ企画が、3月19日にスタートした。(尼崎経済新聞)

 【写真】「むこたん」表紙

 武庫東生涯学習プラザが発行する「むこたん」は、尼崎市北部武庫地域の情報や、地元で活躍する人へのインタビューなどを掲載したフリーペーパー。2018(平成30)年9月に創刊し、年2回のペースで発行されている。

 編集員は、性別、年齢、職業も違うが、「武庫地区在住」「武庫をもっと知りたい」という2つの共通点で集まった市民が務める。毎月1回のペースで編集会議を開き、最近の関心事などさまざまな話題を話し合いながらテーマを決めているという。

 現在むこたんは冊子版のみの展開だが、より多くの人へPRすることを目的に、尼崎経済新聞の特集コーナーを活用したタイアップを企画した。担当者は「特集コーナーへむこたん掲載記事を連載することで、ウェブ上でも楽しんでいただけるようになる。尼崎経済新聞のページも活性化し、良い相乗効果が生まれるはず。尼崎の情報をさまざまな角度から発信できるようになれば」と期待を込める。