和太鼓集団「黎明(れいめい)座」が、星野源さんの「うちで踊ろう」とのコラボ動画をユーチューブで公開している。(足利経済新聞)

 【写真】黎明座 過去の様子 演奏する子どもたちの姿

 黎明座は2009(平成21)年2月発足。年中から高校1年までの子ども35人と大人6人が所属している。和太鼓をメインにさまざまな楽器を用いて、市内外のイベントで演奏を行う。現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、毎日行ってきた練習は自粛している。

 今回、2011(平成23)年に開設したユーチューブチャンネルに、メンバーのうち20人が自宅で練習を重ね撮影し、コラボした動画を投稿した。編集したのは座長の川久保研二さん。初めは川久保さんが一人で星野さんとコラボした動画を公開。その後、「太鼓が好きな子どもたちのストレスがたまっているのでは」と企画したという。

 家でできる演奏を子どもたちとラインで共有し、それぞれ演奏した動画を届いた順に編集、投稿した。川久保さんは「単純に面白そうだったので楽しめるのではと思い始めた。仲間の座員にもやる気を起こさせたかった。自粛中、友達が家で練習していることを感じるのは難しい。オンラインで練習ができるのか手始めにやりたかったのもある。相手の表情が分からないなどさまざまな難題があるが、みんな楽しんで取り組んでくれたのでは」と振り返る。

 ファンからは「久しぶりに子どもたちの顔を見ることができてうれしい」という声も届いている。「動画を見て久しぶりにみんなが集まっているようで感動した」という保護者からの声も。他県で活動する太鼓仲間からの反響もあったという。川久保さんは「自粛中でも黎明座は頑張っているという姿を伝えたい。投稿を見た皆さんを励ますことができれば」と話す。