休園中の「あしかがフラワーパーク」(足利市迫間町)で、大藤の花が満開となった。(足利経済新聞)

 【写真】うす紅橋の様子

 同園は例年、4月中旬〜5月中旬に見頃の350本以上におよぶ藤をメインとした「ふじのはな物語」を開催。県内外から多くの観光客が訪れている。2019年10月には台風19号による影響で、園全体が冠水する被害を受けた。この春に向け、社員、協力会社総出で復旧作業を行ってきたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月13日から臨時休園。来場者がいない中、見頃を迎えることになった。

 同園を運営する足利フラワーリゾートの大島大輔さんは「一年間手塩にかけて育ててきた作品として、藤の花をお客さまに生で見ていただけないことが心苦しい。園内のスタッフは『きれいだね、すごいね』と言ってもらえるのを励みにしていたのだが、それが無いということが最も悲しい」と話す。

 現在、ホームページでは動画や写真で藤の花の様子や成長記録を公開している。大島さんは「実際に生で見ることができないが、ファンの皆さまの心に少しでも癒やしを与えることができれば」と期待を込める。