ピアノジャズトリオ「H ZETTRIO(エイチゼットリオ)」のライブコンサート「RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピック」が3月8日、シライシアター野洲(野洲文化ホール・野洲市小篠原)で開催される。(びわ湖大津経済新聞)

 【写真】H ZETTRIO「RE-SO-LA Tour 2020 先駆けトリオピック」東京調布市公演の様子 ピアニストのH ZETT Mさん

 ピアニストで青鼻のH ZETT Mさん、ベーシストで赤鼻のH ZETT NIREさん、ドラマーで銀鼻のH ZETTKOUさんの3人で結成されたジャズトリオで、2016(平成28)年、リオオリンピック閉会式で楽曲が起用されたことで注目を集めた。2019(平成31)年1月1日から毎月連続で新曲を配信し、全曲がiTunesジャズチャートで1位を獲得している。1月に5枚目のニューアルバム「RE-SO-LA」をリリースし、1月から4月まで全国29カ所を回るライブツアーを行っている。滋賀での公演は2016年以来となる。

 H ZETTRIO所属事務所のスタッフは「ピアニストH ZETT Mは、跳びながらピアノを弾く姿が『無重力奏法』と呼ばれ、高い評価を受けている。ジャズというと敷居が高いようなイメージがあるが、ライブには鼻に色を塗って来場する親子もいて、幅広い年齢の方にカジュアルなジャズを楽しんでいただけると思う。『笑って踊れるジャズピアノトリオ』のライブを楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 開演時間は17時。料金は、前売り=5,000円、当日=5,500円。