イチゴと滋賀県の食材を味わう「ストロベリー アフタヌーンティー」が3月1日から琵琶湖マリオットホテル(守山市今浜町)で開催される。(びわ湖大津経済新聞)

 【写真】琵琶湖マリオットホテルの「ストロベリーアフタヌーンティー」

 ティースタンドにイチゴのムースで包まれたピスタチオブリュレ「イチゴとピスタチオのムース」や、パイ生地にイチゴバターを挟んだ「フィユタージュ」、イチゴのロマノフなど8種類のスイーツを載せて提供する。ビワマスのスライダーバーガー(ミニサイズのハンバーガー)や守山のイチゴ農園「ハレノヒ」のイチゴのマリネなど滋賀県産食材を使った軽食4種と紅茶、中国茶、コーヒーと共に味わう。

 同ホテル広報の川上亜希菜さんは「穏やかな日差しに包まれる湖畔の眺望と共に、イチゴや旬の食材を味わって春の訪れを感じてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は13時〜16時30分。料金=3,872円。5月31日まで。