千葉市の東京湾沿岸(ビーチエリア)で2月19日から10日間、「ダイヤモンド富士」の鑑賞に適する時期を迎える。(千葉経済新聞)

 ダイヤモンド富士は、富士山頂から太陽が昇る、または沈む瞬間に太陽光がダイヤモンドのように輝いて見える自然現象。市内の人工海浜沿いを北から南へ毎日少しずつ移動することで、気象の条件が良ければ、海越しの富士山を10日間に渡って眺望できる。

 千葉市観光協会によると、鑑賞スポットは、2月19日の幕張の浜(ZOZOマリンスタジアム付近)に始まり、美浜大橋、検見川の浜(稲毛ヨットハーバー付近)、いなげの浜(ビーチセンター前)、千葉みなと旅客船ターミナル・ケーズハーバー、千葉ポートタワー(4階展望室)、28日のフェスティバルウォーク蘇我までと見込まれる。

 26日は、関連イベントとして千葉ポートタワー(千葉市中央区中央港)でタワー屋上を特別開放する「ダイヤモンド富士撮影会」が行われる。開催時間は15時〜18時15分。参加費は3,500円。申し込みは電話(TEL 043-241-0125)で受け付ける。荒天中止。