三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市美浜区高浜)が現在、全館で営業を再開している。(千葉経済新聞)

 【写真】庭に咲くクレオメ

 同館は新型コロナ感染拡大防止のため4月8日から臨時休館していたが5月の外庭開放を経て、6月16日から全館で営業を行っている。

温室棟、展示棟、休憩棟と外庭で構成する同施設では、約1600種48000株の植物を植栽している。

 外庭では季節の花が咲き、現在はアジサイとクレオメが鑑賞できる。館内は夏仕様の「わくわくサマーガーデン」企画を行っており、南国をイメージした熱帯植物に囲まれた「トロピカルなジャングルのイメージ」で、探検気分とリゾート気分が一緒に味わえる。7月25日・26日、8月15日・16日は、期間限定ワークショップ企画として、チョークボード工作「ようこそ!夏の子どもたち」を開催する。

 開館時間は9時30分〜17時。休館日=月曜(祝日の場合は翌平日)。入場料は、大人=300円、小中学生=150円。