調布市文化・コミュニティ振興財団が3月1日、調布市グリーンホール(小島町2)で「井上あずみファミリーコンサート〜『天空の城ラピュタ』特別上映記念〜」を開催する。(調布経済新聞)

 【写真】「Shall we ダンス?」©1995 KADOKAWA 日本テレビ 博報堂DYメディアパートナーズ 日販

 井上あずみさんは、スタジオジブリ制作の映画主題歌や挿入歌、イメージソングを数多く歌うジブリソングの代表的歌手の一人。「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」で「天空の城ラピュタ」特別上映会が開催されることを記念して、エンディング挿入歌「君をのせて」を披露するほか、「さんぽ」や「となりのトトロ」などの曲目も歌い、家族で楽しめるコンサートを用意する。

 「天空の城ラピュタ」は、1986(昭和61)年公開のスタジオジブリ制作の劇場版長編アニメーションで、同フェスティバルでは2月29日から3月8日までの期間、イオンシネマ シアタス調布の大型スクリーンで特別上映会を実施。チケット発売後数日で週末の回が完売し、追加上映が決定した。追加上映日は、3月6日・7日・8日。チケットは2月14日から追加販売する。

 そのほか、同フェスティバル上映会での追加トークゲストを発表。「Shall we ダンス?」の上映初日の2月14日には、京王線布田駅で映画「いつでも夢を」の主題歌を、京王相模原線京王多摩川駅で「Shall we ダンス?」主題歌を列車接近メロディーとして導入することを記念して、ゲストトークショー付きセレモニーを行う。ゲストとして、周防正行監督および列車接近メロディー制作も担当した周防義和音楽監督が登壇する。さらに2月21日には、劇場版「若おかみは小学生!」の高坂希太郎監督をゲストに招いて、作品の制作秘話や観客との質疑応答などを行うティーチイン付き上映会も開催する。

 同フェスティバルは、2月14日から3月8日まで開催する映画の作り手にスポットを当てた映画の祭典。同市内の映画・映像関連企業等が企画の段階から参加し、その全面的な協力の下、同賞授賞式をはじめ、トークショー付きの映画上映会、展示やワークショップなどの各種関連イベントを行う。

 コンサートの開演時間は13時30分〜。料金は無料。要申し込み。締め切りは2月21日で、応募多数の場合は抽選。そのほかの上映会スケジュールおよびチケット情報は、ホームページで確認できる。