府中の「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」(府中市宮町3、TEL 042-362-2130)で毎年7月20日に斎行している「すもも祭」の「からす団扇(うちわ)」と「からす扇子」頒布が、混雑緩和のため今年に限り18日〜20日の3日間行われることになった。(調布経済新聞)

 【写真】「からす団扇・扇子」の郵送を希望する人は、予約フォームから申し込む

 からす団扇とからす扇子は五穀豊穣(ほうじょう)・悪疫防除・厄よけの御利益があるとされ、一年に一度すもも祭の日に頒布される。この団扇や扇子であおぐと農作物の害虫が駆除され病人は平癒し、玄関先に飾ると魔をはらい幸福が訪れるといわれ、例年約7万人が求める。

 今年は、新型コロナウイルス感染症対策として頒布日を18日・19日(両日9時〜17時)・20日(6時〜21時)に拡大。臨時授与所では参拝者同士の距離を空けるなど密集しないように呼び掛けている。3日間以外の授与や取り置きは行わない。

 期間中に参拝できない場合は、郵送による頒布を受け付ける。同神社ホームページの専用フォームで予約し、7月25日までに現金書留で初穂料(品物代と100円)を納める。宛先は、東京都府中市宮町3-1大國魂神社「からす扇受付係」。予約開始は7月1日、発送は7月22日から順次行う(送料は着払い)。

 初穂料は、かからす団扇=500円、からす扇子=小1,500円、大2,000円、特製からす扇子=5,000円。