生サボテンを使ったハンバーガーなどオリジナルメニューを提供するハンバーガーショップ「CACTUS BURGER(カクタスバーガー)」(調布市仙川町1、TEL 050-1345-9385)が6月30日、調布市仙川駅近くにオープンした。(調布経済新聞)

 【写真】「CACTUS BURGER」店主の浜田真一郎さんと木ノ実さん夫妻

 同市内在住の店主・浜田真一郎さんは、都内のイタリア料理店に勤務後、独立を視野に約1年間イタリア南部のリストランテで調理の修業を重ね、帰国後もイタリア料理店やスペイン料理店などで調理の経験を積んだ。独立するに当たり、これまでの調理経験を活用しつつ独自のメニューにチャレンジできるハンバーガーを選択し、念願の自分の店をオープンした。

 修業していたイタリア南部の都市プーリアは地中海に面し、白い壁とタイルとサボテンの町並みが特徴。浜田さんが魅了されたその町並みをイメージし、店舗を白とグリーンを基調にオレンジ色のドアをアクセントとした南欧リゾートの雰囲気に仕上げた。店舗面積は約11坪で、カウンター8席とテーブル6席を用意し、カウンター席からは調理風景が見られ、ライブ感も味わえるようにした。

 「せっかく足を運んでもらうのだから、ほかではあまり食べられないメニューを提供したい」との思いから、試行錯誤を重ね、愛知県から仕入れる有機栽培の生サボテンを牧草牛のパティとメキシカンサルサと合わせる「フレッシュサボテンバーガー」(880円)を看板メニューに据えた。そのほか「CLASSICバーガー」(720円)など全5種類用意するハンバーガーのパティは炭火焼きで提供し、全てのメニューでできる限り無農薬の食材を使用する。
  
 メニューはほかに、「CACTUSポテト」や「自家製チキンナゲット」(以上250円)、ディナーには「調布産野菜グラタン」(500円)など酒に合うおつまみメニューも用意。ドリンクは「自家製レモネード」(580円)などのソフトドリンクのほか、少量しか生産しない「クラフトメスカル・テキーラ」や、「オーガニックビールsunsun」(以上850円)などのアルコールを取りそろえる(価格は全て税別)。

 浜田さんは「ちょっとした旅行気分を味わえるような店を目指したい。地元に必要とされ、長く愛される店になれば」と話す。

 営業時間は、12時〜15時、17時30分〜21時。