清澄白河で画家・風見規文さん壁画作品展 太古の昔思わせる作品一堂に

清澄白河で画家・風見規文さん壁画作品展 太古の昔思わせる作品一堂に

自身の制作を「発掘」と称する風見規文さんの壁画展が現在、清澄白河のギャラリーMelt Meriで開催されている。(深川経済新聞)

 作者の風見さん

風見さんの作品は、自然の土で作られたしっくいをくわで練って壁を作り、オリジナルの絵の具でそこに着色した絵画。遺跡などで発見される先人の描いた壁画を思わせる。

伊豆の山中で制作活動の傍らきこりをなりわいとしている風見さん。自然と触れ合うことも多く、土地に対する愛着も深いといい、自ら同地で土を採取することで制作意欲を高めている。

若い頃さまざまな絵画技法の研究をするうちに、深みのある表情を表現できるこの制作方法に気づいたことがきっかけで、以来壁画制作に「のめり込んでいる」という。

会場には、壁画の作品33点を展示する。「こういった絵画に対する知名度は浅い。今後はこの作風を世に広めていきたい。各地の土でその土地に合った特色ある作品を作れればうれしい」と話す。

 開催時間は13時〜19時(最終日は17時終了)。入場無料。2月26日まで。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索