福島駅西口に「いちばんぼし食堂」 コンセプトは「おなかいっぱい」

福島駅西口に「いちばんぼし食堂」 コンセプトは「おなかいっぱい」

 揚げ物やハンバーグなどの料理を中心とした定食屋「いちばんぼし食堂」が7月20日、福島市三河南町にオープンする。(福島経済新聞)

 白とブラウンを基調とした店内

 会津産のコシヒカリや北海道産のみそを使うなど、食材にこだわる同店。「コンセプトは『おなかいっぱい食べてほしい』」と店長の星さん。通常サイズの唐揚げが1皿500グラム、ハンバーグも1個300グラムとボリューム感のある料理を提供する。ハンバーグやメンチカツには自家製の粗びき肉を使用。ご飯の大盛は無料。

 星さんのお薦めは、メインのおかずが、揚げ物とハンバーグや生姜焼きなどの焼き物から1品ずつ選べる「大金星定食」(1,100円)。組み合わせは自由。

 星さんは「学生からファミリー層、サラリーマンなど問わずたくさんの方に利用してほしい。自慢の料理をおなかいっぱい食べてもらえたら」と期待を込める。

 営業時間は11時〜14時、16時〜20時。日曜定休、20日・21日はオープン記念とで、「具だくさん豚汁」のお代わりが無料となる。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索