松屋銀座で「銀座・手仕事直売所」、今年も 作り手が直接説明しながら販売

松屋銀座で「銀座・手仕事直売所」、今年も 作り手が直接説明しながら販売

 松屋銀座(中央区銀座3)8階イベントスクエアで9月27日、「銀座・手仕事直売所」が始まる。(銀座経済新聞)

 安部太一さんの「白釉輪花皿」

 全国の作家やクラフトマン、職人、デザイナーなどの「作り手」が、商品について来店客に直接説明しながら販売する「直売所スタイル」が特徴の同催し。

 9回目となる今回は、「石川硝子(がらす)工藝(こうげい)舎」「飛松陶器」など初出店の20人を含む82人の作り手が出店。陶器、磁器、漆器、鋳物、木工、竹工芸、革製品、日用品・ステーショナリー、和紙製品、ガラス製品、アクセサリー、日本の古家具、多肉植物、型染めなどを販売する。

 昨年好評だった、「人気の作り手」を2日間の期間限定で紹介する「二日市」も開く。

 ほかに「仕上げ体験『自分で削る木のスプーン』」「手ぬぐいでちくちく作るあずま袋」などのワークショップ、「松野屋」店主の松野弘さんによるトークショーなどのイベントにも力を入れる。申し込み方法などの詳細はホームページで確認できる。

 同館リビング部MD課バイヤーの豊島毅さんは「ワークショップやトークショー、イートインコーナーも充実しているので、ごゆっくりお楽しみいただける。直売所ならではのにぎわいと新たな作り手との出会いを楽しみにご来店いただければ」と話す。

 開催時間は10時〜20時(最終日は17時まで)。10月2日まで。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索