有楽町にピエトロがスープ店 18種のスープ販売にイートイン・テークアウトも

有楽町にピエトロがスープ店 18種のスープ販売にイートイン・テークアウトも

 ピエトロ(福岡県)は4月25日、東京交通会館(千代田区有楽町2)2階にスープをメインに販売する「SHOP&CAFÉ PIETRO A DAY(ピエトロ ア デイ)有楽町店」をオープンした。(銀座経済新聞)

 SHOP&CAFÉ PIETRO A DAYの店内

 ピエトロはスープ事業をドレッシング、パスタに続く同社の第3の柱と位置付け、自社のレストランで培ってきたノウハウを生かしたレトルトスープを本格展開する。

 「SHOP&CAFÉ PIETRO A DAY 有楽町店」ではスープを物販・イートイン・テークアウトで販売する。

 物販コーナーでは「たまねぎのスープ」「野菜のスープ」「具だくさんスープ」各4種類、「プレミアムスープ」3種類、「ヴィーガンスープ」2種類、「スイーツスープ」1種類を432円〜702円で販売。

 イートインコーナーではスープ3種にパンで作った「ブレッドスプーン」2本がセットになった「スープ飲み比べ3種セット」(950円)、丸いパンをくりぬいた中に温かいスープを入れ、上からチーズをかけた「ブレッドボウル」(864円)を提供する。

 テークアウト用にはスープ1種類とブレッドスプーン1本がセットになった「テイクアウトスープ」(540円)を用意。54円増しでショートパスタを追加できる。

 ピエトロ宣伝広報室の松田詩織係長は「スープの各商品には『おつかれさまのSOUP』『あたらしいことを始める日のSOUP』『旅に出たくなるSOUP』『遅く帰った日のSOUP』などのタイトルを付け、その日の体調や気分に合わせてスープを選べるよう工夫した。心温まるギフトとしても利用いただければ」と話す。

 営業時間は11時〜19時。火曜定休。


おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索