松屋銀座(中央区銀座3)、銀座三越(銀座4)、和光(銀座4)、東急プラザ銀座(銀座5)、GINZA SIX(銀座6)の5店舗が合同で開催する「ギンザファッションウィーク」が10月21日、始まった。(銀座経済新聞)

 【写真】チャリティー企画限定販売のオリジナルトートバッグ

 2011(平成23)年の東日本大震災をきっかけに「世界のGINZAからファッションで日本を元気にする」をテーマとしてスタートした同イベント。銀座の主要複数店舗がコラボレーションして、共同企画や多彩な催しを提供する。今回は、この秋お薦めのファッションを紹介するほか、恒例となったチャリティー企画やインスタグラムの投稿キャンペーンなどを用意。

 共同のチャリティー企画では、銀座三越・松屋銀座・和光の3店舗の特設会場でリサイクルコットンのオリジナルトートバッグ(1枚1,000円、3店舗合計1000枚限定)を販売。対象店舗で買い物や食事の際にオリジナルトートを提示するとサービスや提供品が受けられる。銀座三越・東急プラザ銀座・GINZA SIXの3店舗では募金箱を設置。募金をした人に進呈するオリジナルマスクケース(無料配布、3店舗合計3000枚限定)も用意する。収益と寄付金は全て、医療活動などを行う特定非営利法人ジャパンハートに寄付する。

 今回の同イベントでは、インスタグラムを使ったキャンペーンを複数開催。銀座三越は、銀座で撮影したファッションコーディネートスナップを募集。公式アカウントをフォローし、専用ハッシュタグを付けて投稿されたスナップの中から「GINZA FASHION WEEK 賞」などを選定し、賞品を授与する。

 銀座三越と和光のショップスタッフは「銀座おすすめコーディネート」をインスタグラムで投稿。イベント期間中についた「いいね」の数でベスト3を決定する。ベスト3になったコーディネートに「いいね」をした人の中から抽選で景品を進呈するキャンペーンを展開する。

 東急プラザ銀座では、「SENSE OF FALL FOLLOW ME!キャンペーン」と銘打ち、期間中に同店のインスタグラムアカウントをフォローした人の中から抽選で109名にお買物券などが当たるキャンペーンを行う。

 店舗では、趣向を凝らしたイベントや商品も用意する。松屋銀座では「JAPAN QUALITY〜ニホンのものつくり〜」をテーマに10月31日〜11月3日の期間中、「丸縫い職人によるジャケット作り 実演」や「ネクタイ生地 手織り体験」を行う。

 11月3日まで。