八戸で食品容器卸「中居食品容器」105周年記念フェア 来場者プレゼントも

八戸で食品容器卸「中居食品容器」105周年記念フェア 来場者プレゼントも

 八戸市の卸センター会館(八戸市卸センター1)展示場で10月18日、食品容器・包装資材卸の「中居食品容器」(卸センター2)創業105周年を記念した「中居食品容器フェア」が開かれる。(八戸経済新聞)

 同社は大正元(1912)年に折り箱の卸売業として八戸市荒町で創業。昭和40(1965)年1月に株式会社として中居食品容器を設立。平成8年に本社を現在の卸センターとした。現在の中居雅弘社長は3代目となる。

 近年は食品容器卸売の枠を越え、全国的にも知名度の高い「八戸屋台村 みろく横丁」の事務局を務めるなど幅広いジャンルの業務を手掛け、地域活性化にも積極的に関わっている。

 同イベントは100周年から5年が経過したことを受け、地域の企業や市民に同社をあらためて知ってもらおうと企画。イベントには食品用使い捨て容器、厨房(ちゅうぼう)機器業務用食材など幅広いジャンルのメーカー25社〜30社が出展する。来場者全員に記念品のプレゼントも企画する。

 イベントを担当する同社専務取締役の中居翔三さんは「創業105周年を新たな一歩と位置づけて感謝の気持ちを込めイベントを企画した。地域の皆様にあらためて中居食品容器や取り扱っている商品について知ってほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時〜17時。入場無料。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索