中央線開業130周年で記念キャンペーン 201系車両モチーフのラッピング電車も

中央線開業130周年で記念キャンペーン 201系車両モチーフのラッピング電車も

 JR東日本八王子支社(八王子市旭町)が3月22日、中央線・八王子〜新宿間が開業130周年を迎えることを受け、記念キャンペーンを行うことを明らかにした。(八王子経済新聞)

 「中央線開業130周年記念キャンペーン」のパンフレット

 中央線は1889(明治22)年4月11日に立川〜新宿間、同8月11日に立川〜八王子間で開業して以来、今年で130周年を迎える。これに合わせ同社は4月6日から約5カ月にわたって、記念キャンペーンを開催することを決めた。

 「中央線開業130周年記念キャンペーン」と題した今回のキャンペーンでは、立川駅社員がデザインしたオリジナル記念ロゴマークを展開。4月8日からは2010年に引退した201系車両をモチーフに、車体をオレンジ色にデザインしたラッピング電車1編成を東京〜高尾・大月間で運行する。

 吉祥寺〜八王子間のコンビニエンスストア「NEWDAYS」では、中央線のラインカラーであるオレンジ色などをモチーフにしたキーホルダーやキャップ、パーカー、スノードームなどの記念グッズを販売。武蔵境・国分寺・立川の3駅には記念スタンプを設置するほか、新宿・国分寺・立川の3駅では「中央線開業130周年記念駅弁」(1,180円)を期間限定で販売するなどさまざまな施策を展開する。そのほか、「130周年ありがとうキャンペーン!!」と題して中央線ゆかりの産品を抽選で進呈する企画も行う。

 八王子駅では、8月2日〜11日の間、多摩地区最大の山車まつり「八王子まつり」とのコラボレーションイベントを行う予定。

 キャンペーンは8月31日まで。


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索