京王線・山田駅から徒歩3分の場所に9月17日、すし店「淳ちゃん寿司」(八王子市緑町、TEL 042-657-8700)がオープンして1カ月がたった。(八王子経済新聞)

 【写真】テーブル席も用意

 八王子緑町郵便局横にオープンした同店。18歳からさまざまなすし店で経験を積み、2015(平成27)年には「グローバル寿司チャレンジ2015」で優勝、初代世界チャンピオンとなった経歴を持つ地引淳さんが店主を務める。

 席数はカウンター、テーブル席を合わせて23。にぎり、巻物などのほか、大トロ・中トロ・赤身を合わせた「まぐろ三貫」(800円)や、ヒラメ・タイ・カンパチの3種を一度に味わえる「白身三貫」(700円)、「貝三貫」(900円)などのメニューを用意。「あん肝ポン酢」「くじらベーコン」「カキフライ」などつまみとなるメニューも取りそろえる。

 ドリンクメニューにも力を入れており、ハイボールやビール、ワイン、シャンパンなどのほか、さまざまな日本酒を提供。ビールは「うすはり」のグラス、日本酒はワイングラスに入れて出すなど提供の仕方にもこだわる。地引さんは「ゆっくり飲みながら、おすしを食べていただくというイメージ」と話す。

 長年、八王子周辺で働いていたという地引さん。50歳になったこともあり、19年働いていた店を退職。新たな店を都心に構えることにしていたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、計画を練り直したという。「場所も決まり、内装も決まり、契約もしてスタートしましょうといったところで、緊急事態宣言が出された。そこでいったん、白紙に戻した」と地引さん。その後、改めて出店先を探したが、その中で候補として上がったのが山田だったという。「三多摩地区は長く、八王子のこの辺のエリアはゆかりがあるし土地勘もある。もともと居酒屋だった場所で、客として飲みに来ていた場所でもあったので、ここですし屋ができるんじゃないかと思った」とも。

 日帰りで北海道に行ってしまうほど食べ歩き好きという地引さん。オープンからこれまでの1カ月は特に宣伝を行ってこなかったが、食べ歩きを通じてつながったネット上の友人などが多く店を訪れ、好調だったという。地引さんは「10月に入り、地元のお客さまも増え、おかげさまで予約がゼロの日はない」と明かす。

 今後はテークアウトメニューや週末のみ行っているランチの充実などを進めていく方針。「気軽におすしを食べてもらいたいので、ファミリーからお年寄りまで気軽に入れる、地域に愛されるすし屋を目指していきたい」と地引さん。

 営業時間は17時〜23時(土曜・日曜・祝日は11時30分〜)。水曜定休。