博多のリバークルーズ、よしもと芸人がお笑い船長に就任

博多のリバークルーズ、よしもと芸人がお笑い船長に就任

 博多の遊覧船「那珂川リバークルーズ」で案内する「一日お笑い船長」に3月15日、福岡よしもと所属の芸人・マサルさんが就任した。(博多経済新聞)

 観光案内するマサルさん

 「マサル」の名前入りのヘルメット姿と博多弁で気さくに話す「博多のおいさんキャラ」で活動するマサルさん。同日、全国47都道府県に吉本芸人が住む「あなたの街に住みますプロジェクト」の「福岡県3代目住みます芸人」にも就任し、福岡の魅力をPRする活動を2代目住みます芸人のコンビ「ぶんぶん丸」と共に展開していく予定という。

 船上では、そのおいさんキャラで船から見える観光スポットなどを案内。同日行われた関係者向けクルーズでは、博多弁クイズや中洲のラーメン店大将の物まねなどを披露し、軽快なトークで乗客を楽しませていた。

 乗客とであい橋の通行人が手を振り合う場面も。「手を振ると振り返してくれる博多の人の温かさも楽しんでほしい」とマサルさん。「先輩の2代目住みます芸人・ぶんぶん丸に負けないよう、3代目として頑張りたい」と意気込みを見せる。

 今後、マサルさんが船長を務める日程は4月2日・15日・23日を予定。乗船料金は、大人=1,000円、子ども=500円。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

08時01分更新

福岡のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索