福岡空港国際線に「空港ガチャ」 余った硬貨の利用見込み130種

福岡空港国際線に「空港ガチャ」 余った硬貨の利用見込み130種

 福岡空港国際線旅客ターミナルビル3階に9月13日、カプセルトイ自販機「ガチャ」が設置された。(博多経済新聞)

 外国人旅行客の使いきれずに残った硬貨の利用を見込み、タカラトミーアーツ(東京都)が設置したもの。昨年7月に成田国際空港で設置したところ、大量買いの利用客も見られるなど好評を博し、関西国際空港、旭川空港に続いて、福岡空港でも導入された。

 設置されたのは、北側・南側の出発口と搭乗待合室南側で計74台。あごの出た動物がユニークなフィギュア「シャクレルプラネット2」、寝ている動物たちのフィギュアシリーズ「パンダの穴ZooZooZoo第4弾のんきだ寝」など、国内でも人気を集めているものを中心に約130種のガチャをそろえる。価格は1回200円〜400円。

 「空港ガチャは、通常のショッピングモールなどの設置に比べて月平均約3〜5倍の売り上げがある」と同社広報の有賀美紗代さん。「関空では夏休みに最高10倍を記録する反響があった。福岡でも出国前の最後の思い出作りに一役買えれば」と期待を寄せる。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

福岡のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索