九州TSUTAYA(福岡市早良区西新5)が運営する「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア) 福岡空港」が9月26日、福岡空港国内線旅客ターミナルビル(福岡市博多区大字下臼井)の3階に移転し、リニューアルオープンする。(博多経済新聞)

 【写真】「CAFE LOUNGE」

 「TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港」は2017(平成29)年3月に、福岡空港国内線旅客ターミナルビル1階にカフェ併設型のブックストアとしてオープン。今回、今年8月7日にリニューアル工事が完了した国内線旅客ターミナルビルの3階に移転する。

 今回の移転リニューアルでは、店舗面積は移転前の70坪から110坪と拡大した。店内の入り口側に約3万冊の書籍と文具雑貨売り場、奥には有料エリアで30分500円(税別)の時間定額制で利用する「CAFE LOUNGE」を設ける。

 書籍売り場では「旅に連れていく本、旅をわくわくさせる本」をテーマに、ビジネス書や文芸書をそろえる。文具雑貨ではオリジナルグッズの便せん、エコバッグも販売する。

 「CAFE LOUNGE」では、滑走路に面したガラス窓から、空や飛行機を眺められる。席数は全60席で全席電源完備、高速Wi-Fi、オンライン会議用に個室のブース2つを設ける。フリードリンク&スナックサービスで、コーヒー、紅茶、ジュースなどのドリンクと、ナッツやチョコなどのスナックバーを用意する。アルコール(ビール)は追加500円(税別)。ラウンジ内には250タイトルの閲覧用ブックライブラリーがあり、購入前の本の持ち込みは不可。このほか、田中千智さんや福岡出身の井口麻未さんの絵画など、アート作品を展示し販売する。

 同社は「旅とか出張ではない時でも日常でお越しいただいて、ゆっくりした時間が過ごせる場所を作った」とする。オープンに当たり、店長の藤生昌大さんは「旅と仕事を心地よくする本屋にしたい、顧客価値の高い店にしようという思いで臨んでいる」と話す。

 営業時間は当面の間は7時〜20時(通常の営業時間は6時30分〜21時30分)。