横浜中華街に「幸せのパンケーキ」 期間限定メニュー「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ」

横浜中華街に「幸せのパンケーキ」 期間限定メニュー「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ」

 パンケーキ専門店「幸せのパンケーキ」を運営するエーステクノロジー(神戸市中央区)が1月14日、「幸せのパンケーキ 横浜中華街店」(横浜市中区山下町97、TEL:045-681-8686)をプレオープンした。(ヨコハマ経済新聞)

 インテリアは自然色をベースにした落ち着いた内装で3つの空間で構成

 「幸せのパンケーキ」は、ベイキングパウダーを使わず国産小麦粉と、契約養鶏所から取り寄せる卵、ニュージーランドから直輸入するマヌカハニーと北海道の生乳で作った発酵バターを使ったホイップバターを使用。作り置きをせず、20分以上の工程をかける特殊な焼き方でつくる「ふわふわ食感」が楽しめるパンケーキを提供する。

 同店は、2015年11月に表参道店に1号店を開店。横浜中華街店は、国内10店舗目、神奈川県では鎌倉店に続き2店舗目となる。店舗は、みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分。インテリアは自然色をベースにした落ち着いた内装で、3つの空間で構成。調理工程を見られるオープンキッチンを採用し、パンケーキを焼き上げる様子を見ることができる。座席数は52席。

 メニューは、看板メニューの「幸せのパンケーキ」(1,100円)、「濃厚チーズムースパンケーキベリーソースがけ」(1,280円)、「ホットチョコレートパンケーキ自家製グラノーラがけ」(1,150円)のほか、ミールパンケーキメニューとして「パンケーキ&ふわとろオムレツ」(980円)、「サーモンとアボカドのクリームチーズパンケーキ」(1,390円)など。

 ドリンクメニューは、スパイシーチャイ(650円)、ロイヤルミルクティー(680円)、ポットサービスのホットティー「オーガニックブレックファースト」(580円)、ハーブティー「オーガニックアフリカンネクター」(580円)など。コーヒーは、2008年に米国・シアトルで開催されたフリーポア ラテアート チャンピオンシップでアジア人初の世界チャンピオンになった澤田洋史さんによる「STREAMER COFFEE COMPANY」のコーヒー豆を使用。アルコールメニューは、ビールやワインなどをそろえる。

 オープンを記念し、国産のイチゴを使った期間限定メニュー「国産いちごのストロベリーチーズフォンデュパンケーキ」(1,480円)を提供する。

 同店の広報担当者は「横浜中華街店は落ち着いたインテリアでリラックスできる雰囲気の店。ローストされたピスタチオと直前に生のレモンの皮をすりおろすことで、フレッシュな香りと上品な味わいが味わえるイチゴを使った期間限定のパンケーキを味わって欲しい」と話している。

 グランドオープンは1月15日。営業時間は10時〜20時30分。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

13時46分更新

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索