横浜F・マリノスが、「STAY STRONG TOGETHER」と名付けたプロジェクトを始動する。(ヨコハマ経済新聞)

 【写真】STAY STRONG TOGETHERオリジナルデザインの不織布マスクボックス

 第一弾として、チャリティーグッズを5月3日から販売する。収益を充当して、不織布マスクをホームタウンの横浜市・横須賀市・大和市に寄贈する。

 チャリティーグッズは、ライトグレーの「マスク」 (880円)、ライトグレー色の「エコバッグ 」(1,650円)とTシャツ (3,300円)。トリコロールワンオンラインショップで5月3日10時から発売する。

 寄贈するマスクは、ボックスデザインの不織布マスク。6月初旬に、必要とされる医療機関・福祉施設、児童福祉・教育施設などに届ける予定。

 STAY STRONG TOGETHER プロジェクトは、「クラブに携わる全ての方々と共に乗り越える」 というクラブとしての思いが込められている。新型コロナウイルスとの戦いの長期化が想定される中、スタジアムに安心して戻り、ファン・サポーターと選手が一体となって喜びを分かち合い、すべて人々にとっての日常が戻るまで、この言葉と共につながり続ける取り組みを行っていく。

 今後、オンライン配信によるコンテンツ阪神や、ファンが参加できる企画や講座、STAY STRONG TOGETHERグッズの第2弾などの展開をしていく予定。