羽田空港のレンタカー店にインバウンド向けAIコンシェルジュ 春節に向け導入

羽田空港のレンタカー店にインバウンド向けAIコンシェルジュ 春節に向け導入

 「タイムズカーレンタル」(TEL 03-3745-2822)羽田店が1月から、インバウンド(訪日外国人旅行者)向けのAIチャットコンシェルジュサービス「Bebot(ビーボット)」を始めた。(東京ベイ経済新聞)

 チャットボット(イメージ)

 「ビースポーク」(港区)が運営する同サービス。近年、訪日外国人旅行者のレンタカー需要が増加していることを背景に、春節に向け台湾や中国からの利用者が多い羽田店に導入した。

 利用者は、店頭で配布されたアカウントコードを、スマートホンで指定されたURLにアクセスし入力すると、チャットを介して観光やアクティビティ情報、飲食店の検索や予約などの相談サービスが受けられる仕組み。AI「Bebot」が自動で回答する。

 「タイムズカーレンタル」を運営する「タイムズモビリティネットワークス」(広島県広島市)では今後、日本滞在中の訪日外国人旅行者の満足度の向上を目指し、利用状況に応じて全国のタイムズカーレンタル店舗への導入も検討しているという。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索