フードサプライ(東京都大田区)が運営する生鮮ECサイト「『センチョク』〜新鮮直送卸〜」は、従来の対象地域に加え、港区の受注を6月30日に始めた。(東京ベイ経済新聞)

 【写真】しゃりまでセットになった「ファミリー寿司ネタセット」イメージ

 外食卸「築地の山治」「プライムミート」「フードサプライ」「かいせい物産」の4社が連携し、プロが目利きした鮮魚・肉・野菜・果物を家庭に届けるサービスを行っている同サイト。従来の世田谷区・目黒区・品川区・中央区・千代田区の5区に加えて、港区も対象地域となった。

 注文数量にかかわらず配送料500円で、豊洲市場に当日並んでいるものが即日家庭に届く。仕分けから配送手続きまで自社で全て管理することで、顧客対応・衛生管理を徹底。自社物流を使用することにより、毎回同じ配達員が家庭に赴くことで、地域に根差したサービスを展開する。

 販売商品は、「目利きが選ぶ野菜セット」「築地・大人気!極厚切り身セット」「ボリューム満点 バーベキューセット」「ファミリー寿司ネタセット(6種)」(以上3,000円、以上税別)など、各卸売業者が一押しするメニューが並ぶ。

 生活様式の変化に応え、さらなるサービス対象地域拡大を目指し、6月30日より港区、7月以降に渋谷区・江東区・大田区・杉並区・中野区・豊島区で順次受注開始。今後は23区での展開を予定している。