近鉄・布施駅近くの「SEKAI HOTEL Fuse(セカイホテルフセ)」(東大阪市足代1、TEL 06-6748-0750)が現在、大阪府内在住者を対象とする宿泊プラン「東大阪市を応援しよう」を販売している。(東大阪経済新聞)

 「SEKAI HOTEL」は、地域の空き家をリノベーションして客室に転換し、周辺の飲食店や銭湯と提携することで、レストランや大浴場などホテル機能の一部を地域に分散。宿泊プランに付く「SEKAI PASS」を利用すると、食事や銭湯入浴など、提携店で割引の特典を受けられる。

 7月1日チェックイン分からスタートする「東大阪市を応援しよう」プランは3種類。「めざせ!一流の職人」プランは、町工場の職人が開発した「メタルバイク組立キット」が付いたプランで、宿泊中に組み立てができる時間やスペースを用意する。持ち帰りも可能。

 「地元グルメ満喫!」プランは、配布するチケットを使い、布施商店街で食べ歩きを楽しむプラン。希望者にはスタッフが同行し案内する。「地域の未来支援」プランは、同ホテルが地域の子ども向けに開くイベントに宿泊料金の収益金の10%が充てられる。全ての宿泊者に同ホテルオリジナルTシャツを進呈するほか、収益の10%を東大阪市の支援に使用するという。

 同プランは、1万円以上で2,500円割引き、1万5,000円以上で5,000円割引きなどの地域向け割引きプランとなっており、大阪府・市が新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた府内関連事業者を支援する「大阪の人・関西の人いらっしゃい!キャンペーン」も適用されるため、大阪府内在住者は割引に加え、1人1泊7,000円(税別)以上の宿泊プラン利用で2,500円分のポイントが還元される。

 矢野浩一社長は「SEKAI HOTEL事業を進めていく上で、東大阪には多くの人に伝えていきたい魅力がたくさんあることを地域の方々のご協力をいただきながら実感している。ぜひ東大阪の魅力を再発見しに来てほしい」と話す。