宮崎・延岡に入浴施設「ふなの湯」がオープン1カ月 食事処も人気

宮崎・延岡に入浴施設「ふなの湯」がオープン1カ月 食事処も人気

 宮崎・延岡市の入浴施設「ふなの湯」(延岡市船倉町、TEL 0982‐27‐6220)が5月16日に開業し、まもなく1カ月を迎える。(日向経済新聞)

 浴室内の様子

 入浴と食事ができる同施設。風呂には大風呂と水風呂、サウナがある。食事所は地採れの鮮魚を使った「刺身定食」(1,000円)、「漬けどんぶり」(980円)、延岡発祥の「チキン南蛮定食」(980円)を提供する。時間をかけて煮込んだ「牛すじカレー」(800円)や、ビール(大びん)に日替わりのつまみ4品が付く「オープン記念セット」(1,000円)も人気が高いという。席数は78。

 食事処にある縦3メートル、幅7メートルの大型パネルには、地元の祭りで登場する「まつりのべおか出会い神輿(みこし)」の迫力あふれる写真を展示する。今後も季節ごとに延岡を代表する風景写真を展示していく方針という。

 同施設運営会社の鈴木京子社長は「延岡を訪れるビジネス客や観光客らに活用してもらうことで、延岡の活性化に少しでも寄与できれば。共働きの家族などにも、日頃の忙しさから開放され、団らんの時間を過ごせるような空間として活用してもらいたい」と話す。近隣のホテルと提携し、宿泊者にタオルセットを無料貸し出しするサービスも行う。

 営業時間は10時〜22時。日曜定休。入浴料は一般=600円、中高生=500円、小学生=300円、幼児=200円。回数券も用意する。

関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

九州/沖縄の主要なニュース

宮崎 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索