JICA地球ひろばで企画展「食べるコト 生きるコト」 世界の食の現状紹介

JICA地球ひろばで企画展「食べるコト 生きるコト」 世界の食の現状紹介

 市谷本村町にある「JICA 地球ひろば」(新宿区市谷本村町)1階体験ゾーンで現在、企画展「食べるコト 生きるコト」が開催されている。(市ケ谷経済新聞)

 ブータンの赤米とエマダツィ

 5月29日に始まった同展には、すでに約1万1000人の入場者が訪れたという。会場では世界の珍しい料理を実物大の立体サンプルで4カ国分紹介、世界の主食の紹介や栄養価が高く健康に良い食品として人気のスーパーフードなども実物展示している。食と栄養に関する世界の課題について知ることのできる様々なパネル展示や、遊んで学べるクイズ・ゲームの展示もある。

 来場した中学生に感想を聞くと「世界の飢餓状況のことを知ることができて良かった。食品ロスに関して、これからは好き嫌いをせずに残さず食べようと思いました」と話していた。

 8月26日には、夏休みの自由研究にも役立つ企画として小学生を対象としたワークショップ「家族で挑戦!世界の食べもの探検隊」 も開催。9月9日には食品ロスを考えるドキュメンタリー映画「もったいない!」の無料上映や、世界数カ所で食品廃棄研究を行っている渡辺浩平さんのトークも予定する。

 開館時間は10時〜20時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。第1・第3日曜休館。入場無料。9月14日まで。


関連記事

おすすめ情報

みんなの経済新聞ネットワークの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索